headerimg02

ホーム > 教育理念・沿革 > 学院のあゆみ

寄付金のご案内

理事長・校長のあいさつ ≫教育方針 ≫学院の特色 ≫学院のあゆみ ≫学校評価

学院のあゆみ



イメージ画像

浦和ルーテル学院のネーミングは16世紀ドイツの宗教改革者マルティン・ルター(Martin Luther)に由来します。ルターは信仰の自由と誠実さを求めキリスト教を刷新しました。その教えを受け継ぐルーテル教団により1953年、浦和の地に埼玉初のミッションスクールとして、また埼玉唯一の私立小学校として「聖望学園小学校」が創設されました。

キリスト教信仰に基づく学校を創りたいという共通の熱い望みをもった有志の声に、米国ルーテル教団ミズーリシノッドが力を貸したのです。男女2人ずつの児童を迎え、ロバート・エップ校長と2人の先生で小さな学校がスタートしました。

「学校は小高い丘の上に建てられ、階段を上がると玄関の脇に形の良い松の木があり、周囲は小さな雑木林。道路沿いの低地は田圃や畑だった。」(創立50周年記念誌より)

やがて教育を進めていく過程で中学、高校と増設し、12年一貫教育の理念を確立してきました。また1978年には自然の中で力を合わせた生活の実践の場として山の上学校を設立しました。浦和ルーテル学院へと名称が変わり、美園に移転した現在もキリスト教に基づく心の教育、少人数のきめ細かな手作り教育、初等部からの英語教育や国際交流など独自の教育を掲げ、夢に向かって精一杯努力する子供たちを育んでいます。

子供たちの成長を知り尽くした先生と歩む12年の道のり、それぞれの個性を伸ばし、希望に応じた進路を実現する教育。創立以来60有余年の歴史の中で培ってきたキリスト教主義の一貫教育は着実に成果をあげています。

イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像

ページトップへ