浦和ルーテル学院

進路指導

FOR EXAMS OF COLLEGES & UNIVERSITIES

夢を実現するオーダーメイドの進路指導

ルーテル学院の進路指導の特徴

将来の夢・志望校選びから徹底サポート

自分に何の才能があるか分かりますか?将来の夢は何ですか?自分に合った大学はどこか分かりますか?
あなたはこれらの質問に答えることができますか。意外と自分自身で見つけて説明するのは難しいのではないでしょうか。本校では第三者である教師たちが日々の学校生活の中で生徒を細かく観察しその子の才能を見つけていきます。1クラス25名、1学年75名の少人数だからこそできることです。
年8回以上の面談を行い、生徒に合った夢、学部、大学選びを提案していきます。

無料の講習&受験講座

進路が決まると自分が受験する教科が決まってきます。1クラス25名がさらに少人数に分かれ授業を行っていきます。たとえ大学入試で必要な科目が1人しかいなくとも専任の教員がついて講習、講座を開設します。夏休み、冬休みの講習、12年生から始まる授業後の受験講座どちらも無料で行っております。自分の進路が決まる最後の最後まで徹底的にサポートしていきます。

幅広い学部学科へ対応

本校では進学コース、医学部コースなどのコース制をとりません。あらゆる進路を目指す生徒がいても、お互いを認め合い支え合いながら成長していきます。そのためこれだけ少人数でありながら、法、人文、経済、医学、薬学、獣医、看護、理工、芸術、海外の大学など幅広い進路を実現しています。
その生徒に合った最適な進路に導いていきます。

受験生の声

早稲田大学 社会科学部 鵜殿さん

私が受験を終えて思うルーテルの良かった点は、先生との距離が近くて何でも相談できたことです。教科の先生としてもお願いすれば何でも気軽に教えてくれるし、精神面でも職員室へ行くたびに近況を気にしてくれる先生がいつもいたことが本当に大きかったです。友人との関係ではこれまで楽しく過ごしてきた仲間が本気で勉強している姿をたくさん見て、刺激を受けることができました。受験勉強の生活で必要なことは、大学へいったあと自分が何をしたいか決めることです。大学へ入ることを目的にして勉強するほど辛いことはないと思います。自分が~したい!~大学へ入りたい!という具体的なビジョンやこだわりを持っていた方がモチベーションにもつながります。ルーテルはそうしたところに力を入れてくれます。何がしたいのか?何に興味を持ち、何に夢中になれるのか、そうした生徒の思いに寄り添いながら、3年間かけて私だけの進路指導して下さるのがルーテルです。

学習院女子大学 国際文化交流学部進学 石井さん

私は予備校や塾には行きませんでした。もともと勉強があまり好きじゃなかった私は、予備校や塾に行ったらもっと勉強が嫌になり、もっと勉強しなくなると思ったからです。なかには予備校に行く友だちもいたし、行かなくて大丈夫なのか気になった時期もあって、やっぱり行こうかなどと悩んだこともあったけど、今となっては自分の選んだ道は間違っていなかったと思えます。私がどうやって勉強したか、私は先生のアドバイスもあって赤本で各教科の問題形式を調べ、自分の苦手な分野や科目をどうやって克服したらよいか考えました。特に苦手な教科には先生に相談して苦手分野に特化したプリントをもらい、ひたすらそれをやり続けました。分からないことややり方がわからない時には何度も先生に質問しました。先生方は丁寧に教えてくれたので、苦手意識がどんどんなくなっていき、成績も少しずつ上がっていきました。時には自習で放課後に残っている先輩にも質問しました。先輩たちも先生方と同じように丁寧に教えてくれました。苦手を完全に克服できたわけではなかったけれど、私は先生方や先輩に教わった方法で勉強して良かったと思っています。合格発表日、私は自分の目で確かめたくて大学の掲示板に見に行きました。自分の番号があった時は言葉に表せないぐらい嬉しかったし、嬉しさのあまり涙が出ました。友だちも皆、自分の事のように喜んでくれました。先生も職員室でみんなで拍手をしてくれて、また涙が出ました。周りにこんなにも喜んでもらえて私は本当に幸せだと思いました。

Return to Top ▲Return to Top ▲